木に貼る

木製品にはりましょう。表面がざらついている物は,はじめに全体をグルーで下塗りをして,乾いてからペーパーを貼っていくとスムーズです。和風に見える柄を手で四角にちぎりパッチワークのように貼ってみました。

 

ペーパーを数種類えらびます。

100円ショップで購入したボックスです。

ぺーぱーは、3cmから5cmぐらい、適当な四角にちぎります。

うちがわは同じペーパーで全面をちぎってはります。ペーパーが足りなくなったので、別の紫でツギをしました。縁は,直線の部分を使いきっちり貼っておくと外側を貼るとき楽で,仕上がりもきれいです。

 

全面はりおえたところ。

側面は四角にちぎった4種類のペーパーをランダムにはっています。

空いている部分は塞いではります。

紫を意識した柄をえらんだのですが田舎っぽい感じなりました。

紫のヒョウ柄が昔のもんぺの柄に見えてきました。

 

とっても部分のあきはペーパーで塞いではり、乾いてから,カッターとはさみで切り込みを入れ,内側に織り込んではります。

 

完成。お箸やレンゲをいれてテーブルに置くことにしました。