マルティナさんの毛糸で腹巻き帽子

poissonnerie」でたまたま出会わせた方が,マルティナさんの毛糸で編んだ腹巻き帽子を身につけていらしたことから,「第3回一緒のつくろうかい!」に参加しました。場所は「poissonnerie」のアトリエ、講師はマルティナさんの毛糸の伝道師のように,常に毛糸とパンフレットを持ち歩く足立さんという素敵な女性です。

 

この毛糸はとっても不思議でただ編んでいくだけでいろいろな模様がでてきます。これで編んだ腹巻き状のスヌードのようなものが,首に巻いても,頭にかぶってもおしゃれなあったかアイテムになるのです。

毛糸を販売している梅村マルティナさんは震災後工房を気仙沼に移されたのだそうです。こちらから毛糸を購入することで気仙沼の支援につながります。

私の腹巻き帽子はまだ10cm程ですが,次の冬には間に合わせたいと思っています。デコパッチにも通じる可愛さがありますよね。

「一緒に作ろう会」を主催してくださった「poissonnerie」の太田さんはこんな本格的なプリンも作ってくれました。