レインボールーム

今夏私はゴムにはまりました。

発端は出張中のシンガポールから、主人が送って来た写真です。

このゴムでアクセサリーを編むレインボールームというのが流行っている。というのです。

なんだかわからないけど友達と遊びたいから、買ってきてと頼みました。

 

翌日私は渋谷のパルコの中にある「ラップル」でデコパッチのデモの仕事に行きました。

そこで、なんとレインボールームのミニレッスンをしていたのです。

何か運命的な物を感じ、編み機とゴムを買いました。

主人もシンガポールから編み機を4個買ってきました。

それから私とゴムの格闘が始まりました。

作り方はyoutubeで見られます。日々新しいデザインが考案されています。

始めに作りたいと思ったのが,ハチが可愛いフラワーガーデンブレスレットです。

空調が効いているとはいえ,お年頃の私はちょっと集中すると汗だらけになります。首にタオルを巻いて2晩格闘の末なんとかこのブレスレットを完成させたのです。

出来上がってみれば何ということもないのですが,掛け方をちょっと間違っただけでもうまくいかないので,なれるまで時間がかかりました。

youtubeには子ども達がオリジナルデザインを披露しています。

やはり頭の柔らかい子どもにはかないません。

私のお気に入りは年配とおぼしきyarn journeyさんと一区切りごとにため息をつく女の子K.O.Loom、jastinという男性です。youtubeを見ながら汗を拭き拭きそれほど数は多くはありませんが,作品を作りました。

新しいことを知ると,人に教えたくなるのはお年頃ならでは。

ゴムの編み機を誰かにあげようとする夫を牽制し、押し売りのように友達に教えたりしました。

マルティナ毛糸の伝道師amieさんはこんなすごいネックレスとブレスレットのセットを作りました。引っ張らないとゴムだとだれもきがつきません。

本業のデコパッチはどうしたの?

といわれます。

コラボしてますよ。

 

ガムてバッグともコラボしてみました。