紙粘土とデコパッチ

夫の実家に昔からあったフライ返し。

数年前に木製の持ち手が抜けてしまいました。その後新しく購入したのですが、私には大きすぎてつい勝手が悪かったので、持ち手のないフライ返しを使い続けていたました。

最近紙粘土を使った残りがテーブルに転がっていました。

ひょっとしたらとその塊にフライ返しを突っ込んでみました。

ついでに自分の持ちやすい形にしたろころ、あらっ!なかなかいいじゃない、ということになりました。

紙粘土が乾いたので、デコパッチしてみました。

抜けにくいように紙粘土との境目に細いワイヤーなんかも巻いてみました。

フライ返しですけど、何か?という感じです。

ひっかけられるように穴も開けてあります。この竹柄の赤は私のキッチンカラーかな。タオル掛けもこれにしています。

ナイフやフォークなどのカトラリーも紙粘土で変わった形のものを作れそうです。紙粘土の世界も奥が深そうですね。